Magic3の基本思想

  • Simple is Best.
    Unixが何十年もの間、ベース部分の変更がなく、今にいたるまでプラットホームのベースたりえたのは、
    その基本的な考え方が非常にシンプルだったからです。
    シンプルな仕様を満たしていれば、どのようなプログラムでも動作可能という仕組みであったこからこそ、
    長期に渡って多様なニーズに対応できたのです。
    Unixでは、プログラムの入力と出力を単なるバイトストリームと規定しました。
    この単純な規定が後の適応力の元になったのは間違いありません。
     
    Magic3では、より適応力のあるフレームワークの基本思想として、「Simple is Best.」という標題を最優先しています。
    より複雑な処理も、単純な仕組みの上に構築されなければ、拡張性も発展性も維持できないと考えます。
    いかに単純なルールを設定するかが、フレームワークとしての成功の鍵です。
    規定ばかりが多く窮屈な仕組みは、長期に渡っての拡張性も発展性もなく、時代が変われば、構築物もろとも墓場へいく運命です。
    Magic3は、より長期に渡って維持可能な仕組みとして、Webアプリケーションを形成するコンポーネント間の連携に
    非常に単純なインターフェイスを規定しました。
    例えば、Magic3フレームワークは、Webサイトのビュー(画面)の生成を中心においたフレームワークですが、
    ビューの生成を「単純なテキスト(ウィジェットの出力)の連結」と考えることによって、より柔軟に、画面の生成を行うしくみを
    実現しています。
    互換性を維持し、既存のソフトウェア資産を生かしながら、常に拡張し発展していくには、一貫して継続するシンプルな
    仕組みが必要不可欠であると考えます。
    Magic3は、「Simple is Best.」から導かれる「シンプルインターフェイス」、「シンプル構成」で発展していきます。