ページ概念

1つのデザインテンプレートに対して、ウィジェットの配置の定義が1つだけであると、ウィジェットの位置が固定された
変化の乏しいWebサイトになります。
また、例えば画面上の中心となるなるウィジェットに掲示板ウィジェットを配置したとすると、他の機能が配置できなくなります。
そこでウィジェットの配置定義を複数持つために、「ページ」という概念で区別します。
「ページ」は、「ページID」+「ページサブID」で構成します。
1つの「ページ」に対してウィジェット配置定義が1セット対応することになります。
ページIDは、「index.php」等のクライアントから呼ばれるファイルに該当し、ページサブIDはURLの「sub」パラメータに該当します。
例えば、以下のような表記でページが指定できます。
http://xxxxxx.xxx.xxx/index.php?sub=α

pageid.gif

共通ウィジェット

「ページ」を切り替えることによって、ウィジェットの配置をさまざまに変化させることができますが、例えば「メニュー」ウィジェットのように
ページが変わっても同じものが表示されたいウィジェットも存在します。
その場合、目的のウィジェットに対して「共通」の設定を行います
「共通」が設定されたウィジェットは、同じページID(同じページIDで異なるページサブID)であれば、同一のウィジェットが表示されます。
具体的な方法としては、管理機能の「画面定義」で定義テーブルの「共通」フラグにチェックをいれます。(画面の作り方?を参照。)