フレームワークの役割

Magic3フレームワークは、画面の定義に従って、必要なウィジェットとデザインテンプレートを組み合わせて画面であるHTMLを生成するだけでなく、
以下のように、「機能」をマネージするためのさまざまな機能をもっています。

  • ウィジェットやデザインテンプレートのインストール機能
  • ウィジェットのアクセス制御
  • ウィジェットの実行順の制御
  • HTTPレスポンスヘッダの出力制御
  • HTMLヘッダの出力制御
  • JavaScript?、CSSファイルの読み込み制御
  • 共通インスタンスの管理

その他、Webアプリケーション構築に必要なライブラリや、Webサイトの管理、運用面で必要な、一般的な機能があります。

  • 統一的なユーザ管理機能
  • アクセスログ機能
  • DBアクセスライブラリ
  • バリデート(入力エラーチェック)機能
  • ロギングライブラリ
  • Ajaxライブラリ