部品構成

Magic3では、多種多様なアプリケーション機能を持ったWebサイトを統一的に構築できます。
技術的な知識のないユーザでも、既存のデザイン部品や機能部品を組み合わせて、
自由自在に簡単にWebサイトが作れるような仕組みにデザインされています。
デザイン部品も機能部品も新規開発や追加に限界がありません。
あらゆる機能を取り込み、無限に進化し、発展可能な仕組みをもっています。
Magic3は、以下の3つのコンポーネント部分のみで構成されています。

  • フレームワーク?
    システムのベースとなり、全体の制御を行う部分です。通常はユーザが意識する必要はありません。
  • テンプレート?
    画面のデザインを決定する部品です。1ページ?で1つ選択します。
  • ウィジェット
    画面上の個々の領域を作成する機能部品です。画面上に必要なだけ配置します。
    ウィジェットページ?ポジションブロック?に依存しない作りなので、どの位置に配置しても同じ動作をします。
system_layer.gif

部品を配置してWeb画面を作成するユーザは、管理画面でテンプレート?ウィジェットを自由に組み合わせ、
画面の構成を決定します。(画面の作り方?)
Webシステムの開発者は、個々のウィジェットを開発します。デザイナーはテンプレート?を作成します。
フレームワークの部品構成が、Webアプリケーションを作成するための役割と完全に一致しているので、
分業化して並列して作業が進められます。
また、部品の作成基準はフレームワークに依存しない独立性の高い仕様となっているので、既存の部品を
自由に取り込むことが可能です。
参考:テンプレート作成基準? ウィジェット作成基準?

Webサイトの構築

Magic3では、画面の作成がそのままWebアプリケーションの構築作業です。
Webの画面は1つのテンプレート?上にウィジェットを配置することによって行います。
テンプレート?には、ウィジェットを埋め込む位置を示すポジションタグがいくつかあらかじめ埋め込んであります。
ポジションの名前は、例えば「center」「top」「footer」などのように画面上の位置を 表す名前になっています。
管理画面から、マウス操作で、画面のポジション位置にウィジェットを配置していきます。
管理画面で行った、テンプレート?ウィジェットのマッピングは即座に画面に反映されます。
必要のないウィジェットを画面からはずしたり、古いウィジェットを入れ替えて新規のウィジェットにすることで、
一瞬のうちにWebアプリケーションの更新が行えます。
具体的な画面の定義方法については、画面の作り方?を参考にしてください。
理論的な面については、画面の生成方法を参考にしてください。