環境構築の概要

Magic3を動作させには、Windows,MacOSX,Linux等のOS環境が必要です。
一般的に使われるWindowsやMacのパソコンが1台あればインストールして試してみることができます。

Magic3は、PHPスクリプトで書かれたプログラムであり、必要なデータを保存するためにDBを使用するWebアプリケーションです。
Magic3を稼動させるには、Magic3以外にも、以下の機能をもったアプリケーションが必要です。

  • WWWサーバ - Webアプリケーションが稼動する環境としてApacheを使用します。
  • PHPスクリプトエンジン - PHPスクリプトを処理する環境です。
  • DB - 必要なデータを蓄積するためMySQLまたはPostgreSQLを使用します。(MySQLとPostgreSQL?)

Magic3のシステムのエンコードはUTF-8に統一しているので、関連アプリケーションもUTF-8に統一するのがベストです。
環境構築の手順としては、OSに必要なアプリケーション、モジュールをインストールし、各種設定を行います。
環境がそろったところでMagic3自体のインストール?を行います。

  • Windowsでの環境構築
    Windows上に環境構築する場合は、フリーウェアとして配布されている一括インストールパッケージを使用するとすぐに環境が
    インストールできます。 一括インストールパッケージには、XAMPP(環境構築-XAMPP)、VertrigoServ?(環境構築-VertrigoServ?),
    WampServer?(環境構築-WampServer?)というのがあります。
    Windows上のMySQLは、トランザクション処理ができません。データに不整合が生じる場合があるので、あくまでお試しの範囲でご利用ください。
    実際に運用する場合はLinux等で構築します。
  • MacOSXでの環境構築
    Windowsの場合と同じような形で、OSX上に環境を構築できるパッケージが配布されています。
    MacOSXのベースはUnixなので実運用に耐えるものです。(環境構築-XAMPP(Mac))

奨励環境

Magic3の主な開発環境は、LinuxのRedHat?系ディストリビューションです。
Fedora,CentOS,Redhat等が最もお勧めできる動作環境です。
参考: 動作確認環境

必要アプリケーション

Magic3は、主に、いわゆるLAMPやLAPPと呼ばれる環境上で動作します。( http://en.wikipedia.org/wiki/LAMP_%28software_bundle%29 )
OSは、Apache,PHP,MySQL5やPostgreSQLが動作するOSであれば何でもかまいません。
Redhat系(Fedora,CentOS)に代表されるさまざまなLinuxディストリビューション、各種UNIXやMacOSXなどがあります。
また、Windows上でApache,PHP,MySQLが稼動するフリーの環境のXAMPP上でも動作します。
Magic3が動作する基本的な環境は次の通りです。

  • OS: Linux(特に制約なし)、UNIX、MacOSX、Windows、その他
  • WWWサーバ: Apache、バージョンの制約は特になし
  • スクリプトエンジン: PHP5.2以上(PHP5.4動作可)
  • DB: MySQL5以上またはPostgreSQL8以上

追加モジュール

この環境にさらにPHPで必要なモジュールをインストールします。

  • PDO - DB接続用
  • mbstring - 日本語処理用
  • gd - ファイルブラウザ?でプレビュー用の縮小画像等を作成するのに使用

モジュールのチェックとインストール

インストール作業は、rootユーザで実行します。
まず、モジュールのインストール状況をチェックします。
コマンドを実行し、何も出力されない場合はモジュールがインストールされていないので、インストール処理を行います。

> rpm -qa php-mysql     (MySQLを使用する場合)
> rpm -qa php-pgsql     (PostgreSQLを使用する場合)
> rpm -qa php-mbstring
> rpm -qa php-gd
> rpm -qa php-dom

インストールが必要なモジュールに対して、yumコマンドで実行し、インストールします。

> yum -y install php-mysql     (MySQLを使用する場合)
> yum -y install php-pgsql     (PostgreSQLを使用する場合)
> yum -y install php-mbstring
> yum -y install php-gd
> yum -y install php-dom

各種設定

OS上に必要なアプリケーションやモジュールがそろったところで、各アプリケーションの設定作業を行います。