Magic3 - 日本発のオープンソースCMS & コンセプト

CMS(コンテンツマネージメントシステム)という言葉は、専門外の人にとって、あまり聞きなれない言葉ですが、
ごく簡単にいうと、Webブラウザだけで、Webサイトのコンテンツ(内容)の更新や追加可能なシステムのことです。
最近は、直接HTMLを編集してWebサイトを更新するのではなく、CMSを利用してブラウザからコンテンツだけを
編集するのが主流になってきています。
例えば、ブログというものがあります。ブログのシステムはCMSの一種で、ブログに特化した専用CMSです。
ブログの使い方から、CMSというものがどのようなものであるか想像できると思います。
ブログの編集者はブラウザを使って、好きなときにいつでも自分のサイトに記事や画像などを投稿しサイトを更新しています。
CMSを使うと、コンピュータ技術の専門外のエンドユーザでも、Webブラウザを使って自分自身でサイトの内容を更新することが可能になります。
HTMLエディターでHTMLファイルを作成し、FTPでサイトにアップするという方法は、更新が多いWebサイトを運営する手段としては、
今はもう少々時代遅れの方法になりつつあります。
さらに最近ではCMSも多数登場し、選択に困るほどになっています。(CMS選定基準)

Magic3は、日本発のオープンソースの汎用CMSです。(GPLv3ライセンス)
「汎用」CMSとは、いろいろな「機能」が載る事が可能という意味で「汎用」です。
「機能」とは、Eコマース、掲示板、wiki、ブログや業務処理なども含めて、Web上で実現できる様々な処理のことです。
Magic3は、Webアプリケーションプラットフォームとしても強力な機能を発揮します。
ウィジェット」という部品仕様でモジュールを作成することによって、Webサイトにさまざまな機能を追加していくことが可能です。
すでにある機能に加えて、オリジナルな機能をどんどん付け加えていくことができます。
例えば、コンテンツ管理やEコマースの機能はMagic3のデフォルトの機能を使用し、追加でオリジナルの予約機能を組み込んだ
一体化したWebサイトの構築なども簡単にできます。
そういった場合は、ただ単にオリジナルの予約機能ウィジェットを作成するだけです。
今までの多機能なサイトは、ある機能はこっちのアプリケーション、ある機能はあっちのアプリケーションといったバラバラな仕組みで
構築されているものが多いですが、Magic3をベースにすると、さまざまな機能が一体化したサイトとして構築できます。
一体化したサイトでありながら、運用しながら、ウィジェットの交換でWebサイトの機能のバージョンアップが可能です。

通常、CMSとは、「コンテンツマネージメントシステム」の名前の通り、静的なコンテンツの追加や更新が可能なものです。
それに対して、Magic3の革新性は、コンテンツだけでなく「機能」自体が追加や更新が可能なところにあります。
コンテンツの入れ替えと同じように、Webブラウザだけで「機能」の入れ替えが可能です。
サーバの運用を停止することなく、瞬時に機能自体の変更が行えます。
Magic3は、あたかもコンテンツのように「機能」をマネージメント(管理)できる、CMSを超えたまったく新しいタイプのCMSです。

Magic3の特徴

  • 使い方が無限に広がるCMS
    Magic3は、動的に自由に組み合わせ可能な3種類の部品(フレームワークテンプレートウィジェット)で構成されています。(Magic3のしくみ)
    このうちの「ウィジェット」が、様々なWebアプリケーション機能を行う部品です。
    ウィジェット」を入れ替えていくだけで、まったく新しい機能を追加したり、既存機能のバージョンアップが瞬時に行えます。
    必要な操作は、Webブラウザから「ウィジェット」のアイコンをマウスで画面に並べるだけです。(瞬間的説明)
  • 多彩なWebサイト表現(テンプレートサンプルWebサイトギャラリー)
    Magic3のデザイン部分は「テンプレート」として完全に部品化されています。
    テンプレートを切り替えるだけで、一瞬でサイトの基本デザインを変更できます。
    Joomla!というCMSのテンプレートと互換性があるので、世界に数千種は存在するテンプレートがそのまま利用できます。
    テンプレートは専用ソフトで楽に作成するのが最新のトレンドです。
    Artisteerというテンプレート作成ツールを使うと高品質なテンプレートが山のように大量生産できます。
    また、最近は「動きのないWebサイト」から、より表現力の高い「動きのあるWebサイト」へ変化しつつあります。
    Magic3は、jQueryというJavaScript?ライブラリの管理機能を持ち、最新の動的表現が実現できます。
  • 様々な機器、様々なWebブラウザに対応(マルチデバイス?マルチブラウザ)
    PCから携帯、スマートフォン、スマートテレビ、カーナビ、さらに今後出てくるすべてのデバイスに適応する永久進化型アーキテクチャー(PC用機能?携帯用機能スマートフォン用機能)
    サイトにアクセスしてくる様々な種類の機器に対しては、それぞれに最適化した画面を表示するアクセスポイントを割り当てます。
    Magic3では、アクセスポイント別に、サイト内のデータを複数の表示方法で表現することができます。
    アクセスポイントはいくつでも増やせる仕組みになっています。
    すべてのアクセスポイントは一貫性のある共通した操作で管理できます。
    アクセスポイントを増やせば、新たな機器が登場しても作業の負担もなく、いままでと同じ操作感でサイトを運営することができます。
    レスポンシブウェブデザインで1つのアクセスポイントマルチデバイス?対応にすることもできます。
  • 初心者から上級者まで利用可能なノンコーディングシステム
    「プロ不要でプロ並みのサイトが作れる」
    小規模なホームページレベルのサイトから大規模で多機能なポータルサイトまで、個人利用のサイトから企業ニーズに合ったサイトまで、
    プロのエンジニアやデザイナーの力を借りることなく、プロ並みのサイトが構築、運用できます。
    Magic3は、HTMLタグを編集したりプログラミングを書いたり一切なしで、自由にWebサイトをカスタマイズできます。
    使うために覚えなければならない知識もほとんど必要ありません。
    WordやExcelがちょっと使えるレベルであれば十分に使いこなすことができます。コンピュータの専門知識のない初心者からすぐに利用できるソフトウェアです。
    フラットデザインの簡潔でモダンな管理画面(管理機能)で「CMS初心者や年寄りに優しい」CMSを実現しています。
    admin-small1.png
  • SEOに強いサイト
    コンテンツが種別ごとにきっちりと分類されている仕組みは、検索エンジンが理解しやすいデータ構造でもあります。
    特に何もしないでも検索エンジンの上位にサイトが表示されるようになります。
  • 安心安全の強固なセキュリティ
    Magic3で構築したサイトは、数々のセキュリティ機能によって強力に防御されます。(セキュリティ対策)
    オープンソースの中でも最も安全性の高い構造を持っています。
  • オープンソースソフトウェア
    Magic3は、誰でも承諾なしに自由にダウンロードして、無料で利用することができます。
    「今はやりのソフトはただ」が基本です。はやってないのは有料です。
    何台のマシンにインストールしても、何人のユーザで使用しても、何千ページ作成しても、永久に無料で使えます。
    ソースの閲覧や利用も可能なGPLv3ライセンスのオープンソースソフトウェアです。
    共栄共存をめざすオープンソースの思想は、これから主流となる21世紀的価値観でもあります。

トレンドから見たMagic3

Magic3は未来のWebサーバアプリケーションの概念を実現した革新的プラットフォームです。
エンドユーザが自由自在に機能拡張できるMagic3のしくみ(ドロップアンドデプロイ)は、今後のコンピューティングトレンド
となるPaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)、クラウドコンピューティングモデルのプラットフォームとしても強力に機能します。
「クラウドコンピューティング」や「PaaS」は、言葉や概念のみが先行しまだ具体的な例がほとんどない状況です。
Magic3は、いちはやくこれからのコンピューティングの概念を具体化した1つの表現で、仕組みとしてはすでに完成段階にあります。
「クラウドコンピューティング」や「PaaS」というものが、いまひとつどういうものかイメージできない人も、
Magic3を触ってみると、具体的な形がすぐにイメージできるでしょう。
そして今後のコンピューティングの方向性に関して、何らかの指針を得ることができると思われます。
Magic3は、今だ混沌とした中で世界に先行し、現時点では世界で唯一、PaaSモデルを実現できるオープンソースソフトウェアです。

Magic3のこれからの役割

インターネット時代は「情報を発信するところに人と情報が集まる」時代です。
何も発信するものがないところには誰も来ません。
企業も個人も、自分の強みを生かして積極的に情報発信する姿勢が必要です。

  • ポータルサイトのプラットフォームとして
    ポータルサイトは、Magic3が使われるパターンとして、今最もニーズが高い分野です。
    ポータルサイト運営で要求されることは、多機能をうまく管理できることと、必要な機能を追加していける拡張性です。
    多機能を管理するには、機能を管理する中間的な仕組み(ミドルウェア)が必要になります。
    通常、ポータルサイトを構築する場合、独自でミドルウェアも開発し、さらに多くの機能を開発すると、通常は億以上の費用と膨大な時間がかかります。
    Magic3ベースのポータルサイトは費用と時間を大きく削減します。
    以前はポータルサイトは大資本企業の占有物でしたが、一気に個人が利用できるレベルまで近づけました。
    独自ポータルを持つことによって、関係のない不要な広告ばかりのブログサイトをやめて、独自の広告配信を行うことができます。
    また、既存のASP型ネットサービスを利用した場合は、独自の機能を追加することができないので、どこにでもある月並みなサービスしか提供できません。
    自社の強みやアイデアを実現するには自前のポータルプラットフォームが必要です。
  • マスメディア(テレビ、新聞、ラジオ等)消滅後の新しいメディアプラットフォームとして
    不特定多数の視聴者に一方的に大量の情報を配信していた今までのマスメディアは時代のニーズを満たせずお役御免となり、
    今後はより小規模の無数の双方向型のコミュニケーションメディアが台頭してくるでしょう。
    重要なのは双方向性です。インターネット時代に一方的なメディアは存在感を持ちえません。
    サイト運用者自身で、自由自在に様々なコミュニケーション機能を持ったサイトの構築を可能とし、使用コストも不要なMagic3は、
    新しいメディアのプラットフォームとして強力に機能します。
    ユーザにとってなんらかでも投稿制限のあるサイトは死んだサイトです。これからのサイトは極限まで自由であることが要求されます。
    Webサイトには、ユーザの自由までも管理できる能力が要求されています。
  • 変化に適応していくための仮想空間上店舗
    インターネットは津波となってリアルな世界を押し流そうとしています。
    スマートフォンが普及し、インターネットが携帯されるようになると、さらに加速度を増して変化が急激に進みます。
    よほど特色があるものを除いて、リアルな小売店というものは近いうちにすべて消滅します。
    今のうちに仮想空間上へ退避し、新しい方法を模索する必要があります。
    こうやればうまくいくといった、インターネット必勝法はいまのところ存在しません。余力のあるうちにいろいろトライ&エラーして道を見つけることだけが生き残る方法です。
  • 地方復興の武器
    地方のいくつかのプロジェクトを通して分かってきたことは、Magic3が地方を復興する強力な武器になるということです。
    Magic3を利用することによって、単なる効率化ではなく、多方面により大きな効果と多様な可能性が生まれることが分かりました。
    Magic3を使うことによって、仕事が仕事を生み出し、核分裂的に仕事が増加します。
    通常の公共事業では、1の予算はせいぜい1、たいていの場合はもっと少ない効果しか生み出せませんが、
    Magic3を使うと、1が10になり10が100になる劇的なてこの力が働きます。
    地方ではなかなか作り出せない若い人向けの仕事も必然的にたくさん生じます。
    Magic3プロジェクトは実際に「地方」に加わり「地方」を支援してプロジェクトでもあります。
  • WebサイトをDIY(Do It Yourself)する時代の必須ツール
    今や誰もがWeb上で自由に自己表現する時代です。
    人間は根源的に「創り」出すことに喜びを感じる生き物です。無料で誰でも参加可能な場の表現者達は爆発的に増加しています。
    既存のネットサービスに飽き足らない、より自由な表現の可能性を求めるユーザは、Webサイト自体をも自分で構築し、運営し始めています。
    Magic3は、誰が自由にWebサイトを作れるよう手助けをする必須ソフトウェアとして、広く利用されていくでしょう。
  • 超低コストでできるWebシステム開発のプラットフォームとして
    開発フレームワークからのスクラッチ(新規)の開発では、プロジェクトの計画段階で予算と納期がすぐにオーバーしてしまう
    例が増えてきました。
    最近は昔と違って、古いコンピュータシステムを10年も使い続けるということはまずありません。
    短期間でどんどん新しいシステムに入れ替えていかないと世の中の動きにはついていけなくなっています。
    したがって、システム開発においても非常に開発リスクが高くなりました。
    リスクの高くなると、リスクをなるべく抑えるために、初期投資段階では低予算で開発を始めることが多くなります。
    スクラッチからの開発では、通常最低でも1000万円以上が必要になってきます。
    予算や納期を縮小するには、まったく新規ではなくもう一段階上の、ある程度機能を持ったミドルウェアが必要になってきます。
    最近はCMSをベースとした開発も増えています。
    Magic3をベースにすると、運用実績のあるベース部分が無料になるので、ベース部分の構築費おおよそ1000万円くらいが不要になります。
    また開発期間も半年以上は短縮できます。
    業務システムもMagic3のウィジェットとして作ると、驚くほど短期、驚くほど低コストでできます。
    機能部分は、おおよそ通常のシステム開発の1/3~1/5くらいで構築可能になります。
    もちろんMagic3がインストールされているサーバであれば、そのウィジェットはどこでも同じく動作します。
  • 元気が出るCMS
    Magic3は「レゴ」や「電子ブロック」の感覚でWebサイトが構築できます。
    Magic3を使っているといろいろなアイデアが生まれ脳が活性化されていきだんだん頭が元気になってきます。
    Magic3を使うことによって、個人が活性化され、組織が活性化され、地域が活性化され、国家が活性化されます。
    いろいろな分野で行き詰っている現在、硬直した頭を絞っても何も出てきません。まずは脳みそを活性化させましょう。
  • 人生の最後の試み
    Joomla!は難しすぎる。WordPress?も難しい。あらゆるCMSに見放され、人生の絶望のふちに立つ人々の救世主。まだまだ人生捨てたものではありません。

Magic3とは、どのようなCMS?

Magic3を使ったWebサイト構築は、一言で説明するとこのようなもの(瞬間的説明)です。

Magic3は、誰にとって価値がある?

Magic3は、すべての人にとっての利用価値があるソフトウェアです。(万人のためのソフトウェア)

Magic3デモ

  • Flash動画によるデモ( http://www.magic3.org/other/magic3_demo1.htm )
    Magic3の管理機能の操作デモです。マウス操作だけでWebアプリケーションが完成するのが分かります。
  • 最新版v1.9.20デモサイト(2009/12/17 更新)
    Magic3最新版をEコマース専用にカスタマイズしたデモサイトです。
    管理画面もログインできます。ユーザ「admin」/パスワード「admin」。
    http://www.originalgoods.org/ecdemo/
    http://www.originalgoods.org/ecdemo/

Magic3テーマソング

「溝ノ口太陽族」(http://jp.youtube.com/watch?v=vpkUwu5I4n4 )
Magic3は川崎溝ノ口で生まれました。 参考 http://www.sunred.jp/

書籍

http://www.amazon.co.jp/dp/488166655X/
Amazon: http://www.amazon.co.jp/dp/488166655X/

新着情報

  • 新規のドキュメントをこちらのサイト( http://doc.magic3.org/ )で作成していく予定です。(2015/11/30)
  • PHP 5.5に対応(v2.6.16 2013/7/6)
  • スマートフォン用ブログ機能リリース(v2.2.4 2012/1/28)
  • フォトギャラリー機能リリース(v2.1.0 2011/9/26)
  • Magic3バージョン2.0リリース(2011/5/12)
  • Magic3専用ホスティングサービス開始しました。(2010/9/27)
  • マイクロブログウィジェットリリース(2010/7/9)
  • スマートフォン対応版v1.11.0リリースしました。(スマートフォン用機能)(2010/5/14)
  • Magic3ベースの地域情報ポータルサイトが運用開始されました。(http://li-sundayweb.net )(2010/5/6)
  • 「不動産物件」「求人情報」「グルメ/レストランガイド」「地域情報」などのサイトが構築可能になる
    ユーザコンテンツ」ウィジェットをリリース(2010/3/31)
  • 管理画面も使用可能なデモを公開(2009/12/17)
    http://www.originalgoods.org/ecdemo/
  • デザインテンプレート作成ツール「Artisteer」(http://www.artisteer.com/ )対応版v.1.8.0正式リリース(2009/8/4)
  • 「Magic3でつくる!最強のCMSサイト」が、書泉グランデのコンピュータ書籍売り上げランキング20に登場。(2009/2/6)
    http://www.php.co.jp/fun/ranking/books.php?genre=pc2009-02-03
  • Magic3解説書出版(2008/12/23)
    いよいよ1月20日、ソーテック社(http://www.sotechsha.co.jp/ )よりMagic3解説書が出版されることになりました。
    タイトルは「Magic3でつくる!最強のCMSサイト」です。(関連書籍)
  • Magic3テーマソング決定(2008/12/5)
    Magic3も「溝の口」発のスーパーヒーローであるということで、「溝ノ口太陽族」をMagic3の正式テーマソングに決定しました。
    (http://jp.youtube.com/watch?v=vpkUwu5I4n4 )
  • Wiki機能の正式追加版v1.7.0リリース(2008/11/17)
    日本で最も人気のあるWikiシステムのPukiWikiをMagic3のウィジェットとして完全に統合したバージョン1.7.0をリリースしました。
    PukiWikiにも新たな未来が開けました。(ウィジェット-Wikiメイン)
    デモ http://www.originalgoods.org/ecdemo/
  • Magic3のFlash動画デモ公開(2008/8/18)
    Flash動画による管理機能の操作デモを公開しました。( http://www.magic3.org/other/magic3_demo1.htm )
  • Firefox3.0対応版v1.5.0リリース(2008/7/15)
    Firefox3.0に対応し、画面作成機能を大幅に更新(画面編集)したバージョン1.5.0をリリースしました。
  • 予約業務ウィジェットリリース(2008/5/1)
    歯科や美容院、会議室など、汎用予約業務のウィジェットを追加したバージョン1.3.7をリリースしました。(ウィジェット-予約)
  • 開発メンバー追加(2008/4/16)
    開発メンバーとして、t_ishidaがプロジェクト加わりました。
  • 携帯対応完了(2008/3/21)
    Magic3の独自の強力なウィジェット機能で、携帯用サイトを瞬時に構築でき、通常のWebサイトと平行運用可能なCMSへと発展します。
    DBを共有することによって、PCブラウザと携帯とが連携したサイトの構築が可能です。

関連プロジェクト

他企業様とのさまざまな新規事業も進行中です。(関連プロジェクト?)

イベント

イベント履歴 - 過去のイベント情報

プレスリリース、掲載記事

予定するWebアプリケーション機能

Magic3では、「ウィジェット」と呼ぶプラグインタイプのコンポーネント部品を追加していくだけで機能の拡張が
可能な独自フレームワーク「Magic3フレームワーク」を基盤としています。(フレームワークとしての考察)
このフレームワークの仕様は、非常にシンプルで汎用性が高いので、オリジナルな「ウィジェット」を作って、
独自機能を追加することも簡単です。
作成した「ウィジェット」は、そのまま別のMagic3のサイトでも動作します。

オールインワンタイプの汎用CMSとして、一般的によく使われる機能のウィジェットを標準装備していく予定です。
現在の実装状況は以下のとおりです。

実装についての考え方は、実装目標とリリース予定を参考にしてください。
「Magic3フレームワーク」は、Ajaxなどの最先端技術に最も適したフレームワークでもあります。
Magic3は、CGM(Consumer Generated Media)などのプラットフォームとしても強力に機能します。

動作環境

本体動作環境(サーバ環境)

Magic3はLAMPやLAPPと呼ばれる環境上で動作します。
Magic3が動作する基本的な環境は次の通りです。(動作確認環境)

  • OS: Linux(特に制約なし)、UNIX、MacOSX、Windows、その他
  • WWWサーバ: Apache、バージョンの制約は特になし
  • スクリプトエンジン: PHP5.2以上(PHP5.5動作可)
  • DB: MySQL5以上(MySQL5.5動作可)またはPostgreSQL8以上(PostgreSQL9動作可)

対応ブラウザ(クライアント環境)

Magic3の管理画面は、以下のWebブラウザに対応しています。主として、Firefoxに最適化しています。

  • Firefox 2.0以上(3.0にも対応済みv1.5~)。
  • Internet Explorer 7.0以上
  • Google Chrome
  • Safari

ライセンス

Magic3プロジェクトが開発したソフトウェアおよびドキュメントは、GPLv3ライセンスで公開しています。
無料で自由に使用でき、ソースを閲覧、利用することが可能です。

Magic3 Projectメンバー

ソフトウェア機能の完全なるコンポーネント(部品)化というのは、ソフトウェアの世界の昔からのテーマですが、
実際に実現できたとしても、仕様的に非常に難しい仕組みになっていたり、
シンプルな仕組みでは未だに実現したためしがない非常に難しい問題です。
Webアプリケーションに限定していえば、Magic3はとてもシンプルな仕組みでほぼ完全に実現できました。
プログラミングレスで部品を組み合わせるだけで、動的に機能の変更ができる仕組みになっています。
このことの意味することは非常に大きく、専門家によるプログラム開発を必要とせずに、
Webアプリケーションに手の届かなかった人々にWeb上で表現する機会を与えることになります。
すでに出回っている誰かが作った部品を組み込むだけで、自分のWebサイトに自由に機能を付け加えることができるのです。
まさに「(Web上の)自由を人々の手に」する機会を提供します。Magic3は、革命的なソフトウェアです。

  • 平田直毅 - プロジェクトリーダー
    magic3_logo.gif
    関連プロジェクト
    • King's Edit - 知る人ぞ知るold Mac用テキストエディター(約10年前)
      (いまだに使い続けてくれるユーザの方々、バージョンアップしなくてすいません。)
  • 曽根壮大(http://www.facebook.com/soudai.sone ) - エバンジェリスト
    岡山を拠点にMagic3の布教活動を行うエバンジェリスト。岡山広島四国あたりのオープンソース系のイベントでは非常に活躍し、目立つ存在です。
  • 隠れ信者
    名前も知らない隠れ信者は全国各地津々浦々で独自に秘密活動を行っています。Magic3の輪は隠れ信者を通してひっそりと着実に普及しています。
    ひょっとするとあなたの隣の人も隠れ信者かもしれません。

プロジェクトサポート

Magic3プロジェクトは、株式会社マジックスリー(http://www.aplo.co.jp )がサポートしています。

お問い合わせ

Magic3プロジェクトへのお問い合わせはこちらのアドレスへどうぞ。
magic3.office@gmail.com